風間直樹のON&OFF

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
LINKS
LINKS
バナー
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
絵付け修行中

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

当ステンドグラス教室では絵付け技法も教えています。

教会などのステンドグラスは多くの場合、絵付けが入っています。

(絵付け無しの作品ももちろん沢山ありますが)

そのような作品を修復する場合、絵付け技法を習得してないとできませんのでプロを目指すなら必須の科目です。

絵付け入りの新作を作る際にも必要な技術です。

 

まずは紙に描いて練習。

 

先生がお手本を・・。

 

大変繊細な作業です。手が震えます(笑)。

 

ハイ、頑張りましたエクステンション

大変よくできました花丸

 

 

線描きが完了したら、ここから「汚し技法」の練習です。

「古び」とも呼びますが、新品のステンドグラスを古いモノに見せる技術です。

古いステンドグラスを修復した場合、修理箇所が新品にみえたらそこだけ妙に目立ってしまいますよね。

そういう時にも大きな効果を発揮する技法です。

 

 

バジャーブラシという特殊な刷毛で、経年でちょっと汚れた古めかしい感じを出していきます。

簡単に見えて難しい作業。あたかも自然に汚れていった風にしたい。

わざとらしさが目立ってはいけません。

バジャーブラシは陰影などの調子付けにも使う道具です。

全てのパーツが準備できたらようやく組み立てに入ります。

もうひと頑張り!

 

 

 

こちらは蝶々柄のランプ制作中。

 

 

完成が近づいて来ましたネ手

電気を灯すのが楽しみですエクステンション

 

 

こちらの生徒さんはお皿作りに挑戦です。

ネイルとガラスの色が同じだァ〜き

 

サークルカッターの使い方講習を兼ねて。

 

ハイ!綺麗な円形が切れましたピース

これを電気炉に入れて加熱し、曲げることでお皿にします。

トンボ玉などバーナーを使ったガラス工芸を「バーナーワーク」と言いますが、

それに対して電気炉を使ったガラス工芸は「キルンワーク」と言います。

お皿は「スランピング」という技術で作ります。

 

キルンワークも大変奥が深く、勉強のし甲斐のある面白い技術です。

当教室ではキルンワークの内、主にフュージングやスランピングを教えています。

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

 

 

 

多肉植物の花と胡蝶蘭の花

JUGEMテーマ:日記・一般

 

お教室では鉢植えやプランターなどで色々な植物を育てております。

多肉植物の花が咲いたのでご紹介。

分かりにくいのですが、

ぴよーんと茎が伸びてきて、お花がぱぱぱっと咲きました。

多肉植物の花ってあまり馴染みがないのでなんか不思議な感じ。

 

同じタイミングで胡蝶蘭が咲きました!

昨年、弊社ステンドグラス教室生徒作品展開催の際に頂いた胡蝶蘭です。

詳しい方から、花が終わってから、茎を全部切らずにある程度残しておくと、

そこからまた花芽が伸びて来る事があるからとアドバイスを頂き、

茎を長めに残しておきました。

すると1年後、茎の途中から芽が出てきて、また花が咲きました!

 

胡蝶蘭は花を咲かせるのが難しいと言われていますので、うれしいですね。

やや放置気味なお世話の仕方が良いのかも知れません。

 

水のあげ過ぎで枯らしてしまうパターンが多いと聞いております。

あげすぎると根が腐ってしまうのですね。なので、

お水は水苔が完全に乾燥してから、たっぷりとあげるようにしています。

 

肥料のあげかたなどはまだ良く知らないので、調べてみたいと思います。

胡蝶蘭は育て方が難しいので・・

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

 

 

 

 

川津桜が咲きました!

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今年も川津桜を頂きました!

 

教室にも春がやって来ましたネ! ゆう★

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

河津桜頂きました!
JUGEMテーマ:日記・一般
ステンドグラス教室に通って頂いておりますIさん。
毎年この時期に自宅の庭に植えてある河津桜を持ってきて下さいます。
今年も咲きましたねハート
ありがとうございます。







持ってきて頂いた時は、未だつぼみの状態の花が多かったですね。

次の日に沢山咲きましたエクステンション
咲いた咲いた、桜が咲いたゆう★








本場、伊豆半島の河津町は桜祭りで賑わっていることでしょう。

ソメイヨシノの開花ももうすぐです。
ここ数日は冷え込んでいますが、
春はもうすぐそこまで来ていますね。


ステンドグラススタジオシリウス




 
カフェ凪 NAGI
JUGEMテーマ:日記・一般

 
シリウスステンドグラス教室の元生徒さんがカフェを開業されました。
千葉県は房総半島の先端エリア、南房総市の千倉町という場所です。
お花畑が大変有名な所で、「イチゴ狩り」や「お花摘み」の観光客で賑わうエリアです。

先生と一緒に訪ねてみました。


「カフェ凪 NAGI」です。
素敵なネーミングですねェ。
イヤー、今日はイイ「凪」だなァ、沢山釣れそうだなァ、ってね。← (釣り馬鹿)

広々としたウッドデッキが、解放感があって気持ち良いですね。


入口のドアも素敵な感じ。

何の予告も無く、いきなり訪ねて行ったのでかなり驚かれてました(笑)。

オーナーさんは、元学校の先生で、将来カフェを経営されるのが夢だったそうです。
そこで、コツコツ資金を貯め、クッキングスクールに通ったり、勉強の為にケーキ屋さんでアルバイトしたり。
ウチの教室にはステンドグラスを店内に飾る為に習いに来られていたという訳です。


店内は広々しています。


衝立の向こう側に掘りごたつコーナーがあったり。

掘りごたつでは落ち着いてお茶が楽しめそう。


奥に進むとこんなコーナーも。
商談とかにも使えますね。


当教室でお作りになった、かわいいステンドグラスランプが下がっています。




カウンターにも自作のステンドグラスがき


レジ横や洗面所にもさりげなくステンドグラスが飾ってありますね手
近ければまたステンドグラス教室に通って頂きたかったのですが、
千倉→南行徳では通うには遠すぎですねェ・・。

お昼時だったのでランチを頂きました。

デザートのケーキまで全部手作りのお料理です。
とても美味しかったです。特にキノコのクリームスープが絶品でした花丸

将来このカフェで「出張ステンドグラス教室」を出来ないかとのお話も出ました。
月1回程度なら出来るかも知れませんね。ゆう★
ただ、場所が場所だけに(千倉エリアは釣りの名所)、
兼ねる「魚釣り」になりそうな予感が激しくしますが(汗)。

これから「イチゴ狩り」「お花摘み」等のベストシーズンを迎えます。
千倉エリアに行かれた際は是非「カフェ凪 NAGI」にお立ち寄り下さいね。
やさしくて、とっても気さくな女性オーナーさんとステンドグラスがお待ちしています。

海産物とお土産がイッパイの「道の駅ちくら・潮風王国」の近くですエクステンション

【カフェ凪 NAGI】
〒295-0024 千葉県南房総市千倉町平磯1613-5
Tel/Fax 0470-43-8023
営業時間 11:00〜18:00
定休日 毎週火曜日・第3月曜日

















 
椅子の張替
ステンドグラス教室で使っている折り畳み椅子の座面が破れてきてしまいました。

仕方ない、買い換えようかと思っていたところ、生徒さんで服飾関係のお仕事をされていた方が、
張替用の布をサイズに合わせて裁断してきてくれるという。
確かに張り替えが出来ればまだまだ使える。
という事で、チャレンジする事に・・。


まず、座面を留めているビスを抜きます。
座面が外せました。


次に、布を留めているタッカーの芯(ホッチキスみたいなモノです)を一本づつ丁寧に抜きます。
かなりの数が打ってあります。地道に抜いていきますアセアセ
すると、布が外せました。

後は、新しい布を使って逆の手順で取り付けて行きます。

新しい布の柄が芝生?kyuなので、
なんだか芝生に座っているような気分にゆう★アハハー。

破れていた椅子を全て張替ました。

ワーオ手

なんだか素敵な椅子に変身しましたきらきら
この布は鞄なんかを作るのに使ったりするモノなのだそうです。
材料のご提供、誠にありがとうございましたエクステンション


ステンドグラススタジオシリウス
大物に挑戦中
JUGEMテーマ:趣味

大型パネルに初挑戦中です。
組み上がりまであともう一息ですエクステンション


こちらも大型パネルに取り組んでいます。

コパー技法と鉛桟・真鍮桟の組み合わせで仕上げています。
真鍮の枠で強度を出しています。

組み上がったら、次はパテ詰め作業です。
まずはパテを練る作業。
これが中々大変。

まずは先生が手本を・・


ダマを潰して滑らかにすることで、パテが綺麗に詰まります。
実はこの作業の前にパテを裏ゴシをしてあります。
なんだかお菓子作りみたいですが、パテは結構固いので力仕事です。筋肉痛になりますアセアセ




パテ詰め作業は汚れ仕事。
手が真っ黒けになりますてれネコ


パテが詰まったら、乾燥させます。
乾燥したらパティーナを掛けて桟を黒く染めてようやく完成ですエクステンション





これだけ並ぶと圧巻ですkyu


アクセサリーのパーツをフュージングで制作中。
非常に細かいですあせ


お豆腐の容器をパーツの整理に活用しています。
良いアイデアですね。
毎日豆腐を食べないといけないかも・・。


ステンドグラススタジオシリウス










 
フュージング講座
JUGEMテーマ:趣味
当ステンドグラス教室では以前からフュージングを本格的に習ってみたいという声がありました。
最近になってフュージング講座の受講を希望する生徒さんが大変増えてきたことを受けまして、
この度、在校生限定のフュージング講座を開講する運びとなりました。
フュージングが出来るようになると、作品の幅が大きく広がり、
従来とは一味違ったガラス工芸の世界を楽しめるようになるので、
是非この機会にフュージングの技法を習得して頂きたいと思います。


手づくり感満点の受講生募集要項てれネコ
「クリスマスリースの具を作ろう!」
【具】って・・・あせ(アハハ)


フュージング講座のメイン講師を務める、石井先生の作品見本ですエクステンション
スバラシイき
ベースのクリスマスリースはステンドグラス技法で制作。
飾り付けのオーナメントはフュージングで制作しています。
真ん中の文字はワイヤーワークで入れていますね。
ご覧の通り、ステンドグラスに様々なガラス工芸の技法を取り入れることで、
ドンドンその世界が広がっていきますよゆう★


講義の様子です。
まずフュージングの概論を風間先生が講義しています。
(受講生の皆様ノートを取りながら真剣ですエクステンション


久しぶりにホワイトボードを使って行う本格的講義で先生も真剣です。




メイン講師の石井先生登場矢印パチパチパチパチ888888・・・


石井先生の熱のこもった講義です。


一通り講義を終えたら実践に入ります。
初回はクリスマスの定番で一番簡単に取り組める「靴下」から始めましょう。


細かいカットもあるので先生がお手伝い。



皆さん頑張っておりますエクステンション






フュージング糊でズレないように接着してから電気炉に窯入れします。

焼き上がりが楽しみですねエクステンション

ステンドグラススタジオシリウスのステンドグラス教室は全く初めての方からベテランの方まで、
習う方のレベルに合わせた個別指導で、誰でも楽しくステンドグラスの制作技術を学んで頂けます。
ご興味のある方は、ステンドグラス作り一日体験レッスンを随時受け付けしています。
お気軽にお問合せ、お申込み下さい。


 
胡蝶蘭が咲きました
JUGEMテーマ:日記・一般

 
胡蝶蘭が今年も咲きましたゆう★


花の数が少ないのは栄養が足りないからでしょうか。
肥料をあげるタイミングも難しそうですが、ネットで最適なタイミングを調べてからあげてみましょう。


ステンドグラススタジオシリウス

 
河津桜
JUGEMテーマ:日記・一般

 
今年もお客様より河津桜を頂きました。

とても綺麗です。
いつもありがとうございますエクステンション